旅行予約
グーグルアース世界旅行

日本国内フィリピン関連ニュース

フィリピン人介護士受け入れの問題点〜2

介護福祉士資格を試験に合格して取得するのは難しいということで、養成施設コースを目指して来日するフィリピン人が多いのではないかと言われています。入国したフィリピン人のレベルがどうであっても、養成校さえ卒業すれば半永久的に日本で働く資格が得られてしまうのです。
フィリピン人の第1回受け入れは、介護士600人、看護師400人の計1000人。ところが、外務委員会の答弁を聞いていると、2回目以降はどうなるのか不透明なのです。今回は600人、400人の1000人と決めてあります。しかし、次回以降もずっと1000人ずつかというと、そんな規定はありません。受け入れ人数を変更するにはどういう手続きがいるかということも定められておらず、最悪の場合、政府内での協議だけで次回は1万人、あるいは2万人受け入れる、ということにならないとも限らないと思われます。

このあたりも、平成19年11月1日、8日の外務委員会で問題になり、野党議員から「必ず、フィリピン人を受け入れた施設、病院に、労働条件の低下はないか、介護・看護レベルはどうか、利用者へのサービスは低下していないかをチェックの上、指導を行い、受け入れ人数の変更については国会で審議してほしい」という要望が出されました。

もし、前述のように、フィリピン人には試験を課さずに養成校修了で介護福祉士資格が取れるとなったら? そして、1万人も2万人も来日したら? 介護の現場はフィリピン人労働者でいっぱいになり、給与水準を上げろという日本人などもういらない、ということにならないでしょうか。心配です。

給与水準は、日本人と同等以上とされていますが、同等であっても、大勢のフィリピン人が介護の現場で働くようになれば、少なくとも給与水準や待遇を上げて人手を確保する必要はなくなります。介護の現場の労働条件が、いつまでも劣悪なまま固定される危険性があります。それどころか、ある業界関係者は「そんな条件、本当に守られると思いますか?」とすでにあきらめ顔でした。     AllAbout

という記事が出ていましたが、介護の現場の労働条件は今現在劣悪なのでしょうか?私の友人の看護士に聞いたところ、「劣悪であるとすれば、看護士や介護士の人手不足からくる長時間の労働時間の問題ということにつきるという事でした。賃金については、どの程度をもって十分というのかはそれぞれの価値なので何とも言えないが、まぁ良い方なのではないか」という意見でした。となれば、まずは人手不足を解消することが急務なのではないでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。