旅行予約
グーグルアース世界旅行

日本国内フィリピン関連ニュース

ミニマムアクセス米ミニマムアクセス米フィリピンへの緊急支援を検討

フィリピンの米不足のニュースがありましたが、相変わらず世界の穀物市場は高騰しているようです。
このような食糧危機に陥っている状態で、過去の規定ばかりに囚われていても仕方がないということで、日本政府はフィリピンのコメ危機を救うために、ミニマムアクセスで輸入したコメの内、20万トンを緊急支援することを検討しています。
ただ緊急支援と言っても、それに伴う経済的損失は考える必要があります。ミニマムアクセス米は、1トンあたり平均購入価格が7万円であると言われています。20万トンを無償支援すると、単純に計算して140億円ものお金をタダで渡すことと同じになります。
では、日本国内で生産した米を普通に輸出することはできるのでしょうか? 答えは「ノー」なのです。その理由は、日本の米が高すぎるためなのです。本来の輸出行為は、生産した物を国外に販売して輸出業者が利益を出します。そのために、生産原価に輸出業者分の利益も乗せた価格で売ることになります。
ところが日本米は、生産者価格の時点でフィリピンの流通米よりも高いのです。これをそのまま輸出してフィリピン国内で流通させても、フィリピンの流通米でも買えない消費者が買えるはずがありません。
結局のところは、日本が米を海外に渡すには、輸出ではなく無償で提供するしかないことになります。アジアではコメ不足で人々が苦しんでいるのに、日本国内の余っている米を輸出できないのです。こうなった原因は、日本政府が長年続けてきた農家保護の高価格政策にあります。
もちろん農家を保護することも必要なので、一概に高価格政策が間違っていたと決めることはできません。しかし、このコメ危機の時代になって、その歪みが表面化してきています。現在のところ、この点において諸外国から批判されたりはしていませんが、場合によっては将来批判の対象になるかもしれません。
しかし、現実にミニマムアクセス米を利用した事故米偽装の事件が発生しているわけですから、ミニマムアクセス米の利用方法として、海外援助にまわすというのは良いのではないでしょうか。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108343654
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。