旅行予約
グーグルアース世界旅行

日本国内フィリピン関連ニュース

強制退去迫る比少女

強制退去迫る比少女、支援の輪広がる
動画を他のプレイヤーで見るWMP高 WMP低 Real高 Real高  残されたのはあと10日。今月27日までに強制退去を迫られている13歳のフィリピン人少女が、生まれ育った日本に残りたいと訴えている問題です。街頭で署名活動を行う少女に同級生や地域の人たちが大勢駆けつけるなど、支援の輪が広がっています。
 雨の中、駅前を行き交う人たちに署名を訴えるのは、埼玉県の公立中学校に通う、フィリピン国籍のカルデロン・のり子さん、13歳。
 日本で生まれ育ったのり子さんですが、2年前、両親の不法滞在が発覚。今月27日までに、日本から出国するよう、命じられています。
 「もう、日本にいられなくなっちゃう」(のり子さん)
 友達のいる日本にいたい、言葉も文化もわからないフィリピンに送らないでほしい。そう訴えるのり子さんの姿に、中学校の先輩や同級生ら10人あまりが駆けつけました。
 「大切な仲間なので。誰かが行動を起こさないと、やっぱり変わっていかない」(中学3年の先輩)
 時には、こんな厳しい質問を受ける場面も・・・
 「ビザがないと、どうなのかな?」(署名のビラを見る女性)
 「日本で生まれて日本で育ってきたので、(フィリピンは)母国であっても、やっぱり日本がいい」(のり子さんの同級生)
 のり子さんの父親が働いている解体工事の会社の仲間。一家が住んでいるアパートの大家さん。そして、こんな人たちも・・・
 「『おはようございます』と言うと、必ず『おはようございます』と返ってきた。素直な子でね」(交通ボランティアの男性)
 「本当にいい子なので、法律だけで強制退去なんて、しちゃいけないと思います」(のり子さんの通う学習塾の先生)
 一家を直接には知らない人たちからも、暖かい声をかけられました。
 「みんなずっと一緒に仲良く遊んでいた友達だから、このまま一緒に卒業させてあげたい」(女性)
 「日本で育ったから、向こう(フィリピン)に帰ったら友達いないじゃないですか」(男子生徒)
 集まった署名は、日曜日だけで600人分以上。
 「みんな大変だったけれど、応援してくれてうれしかったです」(のり子さん)
 一家は、署名や嘆願書を今週20日(木)、法務大臣に提出するとしています。(TBS News i 17日15:59)
法務大臣や役人には是非実態を見て考えてほしいものです。自分だったらどんな気持ちなんだろうって。小さいときにならった基本的で一番大事なこと「相手の身になって考えましょう」っていうのを忘れている人が多い気がします。

この記事へのコメント
難しいよね。
子供は残してあげたいが
両親が帰国しては生活が出来ないでしょう。(永住VISAだす?)
心情は分かるが
両親のお咎め無しだと
OS の同じパターンは 星の数ほど有る
全部 認める?
日本が崩壊するよ。
kamome
いい子だと許される?真面目だと許される?
そんな事はありません。法律は法律です。
今まで日本に居れただけでも十分に人道的・幸せですね。
さっさと帰ってもらいましょう。
そして、日本に来たいのであれば正規のルートでお越し下さい。
厳粛に
この親御さんが偽造パスポートで入国している
時点で強制送還を命じることは法治国家ならしょうがないことです。むしろ温情があります。1月まで退去は延期されました。

周りの人が支援するなら一度帰国しその後保証人をたてて子供だけ留学させるなら筋が通るでしょうね。
あらら
皆さんすばらしいコメントありがとうございます。
管理人個人としては、あららさんの意見に特に感心しました。
管理人
完全に勘違いされ、論点がすり替わっています。

彼らは、不法に入国しました。この時点で犯罪
者です。そして、彼らが、情状の根拠として主張している、まじめに働いていたこと、子供がいる
こと、仲間がいること、これらは、不法入国とい
う犯罪の上に積み上げた既成事実です。これらは
酌量の根拠どころか、それだけ罪を重くした(償なけらばならない事柄を増やした)だけの話です。彼らが主張する、失いたくない日本の生活、そのものが、犯罪の上に築きあげられた、そもそも存在してはならないものなのです。彼らが、子供に普通の学校生活を、させればさせようとするほど、それは、子供への裏切りを深くしただけでした。そのことをこの親は、もっと早く気がつくべきでした。

まず、スタートは、この両親が、不法入国、滞在という犯した罪に対しくだされた処分を、きちんとまっとうすることです。話は、それからではないでしょうか?

考えてみてください。犯罪を犯し、警察の追跡を逃れ続けた犯人が、逃亡中に女性と結ばれ、子供と家庭を築いたら、もうその罪はなかったことになりますか?今の生活を失いたくないと訴えれば無罪放免になりますか?

この家族や子供を悲劇の被害者のように報道する
テレビや、その支援者たちは、法治国家や、人権というものを、完全に勘違いしていると思われます。もしこの子供がいなかったらと考えてみましょう。この両親は有無を言わさず強制退去です。
つまり、この両親は、意識していようがいまいが、子供を使って、結果的に自分の罪をのがれようとしていることになるんです。そのような親や家族を守ることが、人道ですか?

最高裁で強制退去の最終決定が出てから、もう2年以上たっています。私がこの親なら、この間に、日本での子供の保護者をお願いできる方を探し、何とか高校卒業までは、教育が保障されるようお
願いします。そして法に従い、フィリピンに戻り
金銭的援助を子供にしつつ、正規の手続で日本に
入国できる道を探します。

一度強制退去になると、何年間かはその国には入国できません。ひょっとするとその期間があけても入国は認められないかもしれません。当然、子供とも離ればなれです。しかし、罪の代償とは、そのようなものでないでしょうか?そして人権や人道を主張するなら、このような状態の家族、両親に対し、支援することではないでしょうか?

ゴネ得、がまかり通る国には絶対になってほしくないと思います。



おかしいよ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。