旅行予約
グーグルアース世界旅行

日本国内フィリピン関連ニュース

カルデロンのり子さん在留期間再延長

1月14日で特別在留の期限が切れたカルデロンのり子さんの一家に更に一ヶ月の期間延長が認められたというニュースをやっていました。
ただし、入管職員の話では、両親は国外退去の方向で、のり子さんが日本で継続して教育を受けたいのであれば、一人だけの在留許可はするというものだそうです。
ニュースでは、父親がのり子さんに「一人で日本に残ってやっていける?」ってのり子さんに尋ねていましたが、彼女は泣きながら「無理に決まってんじゃん」って言ってました。見ていてなんてことを言う父親なんだろうって思ったのですが、良く考えてみると、父親としてはフィリピンに一家で戻ったところで、まず仕事は見つからず路頭に迷うことは容易に想像できているのだと思います。なので、せめてかわいい娘だけでも日本に残してあげたいという親心からの言葉だったのでしょう。
ニュースの後半どこかの法学部の大学教授がコメントしていましたが、
世界的に見て、今回のようなケース、つまり子供と両親が共に生活し、地域生活に一家が密接な関係を築いているという場合には、在留が認められることがほとんどだという事です。個人的には、日本の入管も世界の流れに沿うのが良いのではと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112664372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。