旅行予約
グーグルアース世界旅行

国際結婚入国管理局

国際結婚大使館編その5

役所に婚姻届を提出してから二週間程経過して国際結婚担当のオジサンから「入籍の手続きが完了しました」という連絡をもらい、早速役所へ向かいます。
なぜ早速向かうのかというと、未だ手続きは終わっていないからなんです。今度はフィリピンサイドへの婚姻の届出をし、結婚証明書の申請をするんです。

「結婚証明書/Report of Marriage」
ここで言う結婚証明書とは、基本的にはフィリピン国籍者がフィリピン共和国に申請するものです。
手順・必要書類・費用は次のとおりです。

”手順”
フィリピン大使館発行の「婚姻用件具備証明書」を取得後、日本国内の役所へ行き日本サイドの婚姻の手続きをします。婚姻事項の記載された新しい戸籍謄本を取得し、以下の必要書類を揃えてフィリピン大使館に「結婚証明書」を申請します。 
”必要書類”
@新しい戸籍謄本原本(当事者どちらかが日本人の場合)
 *本籍、氏名等の漢字にふりがなをふること。カタカナの氏名はロ  ーマ字で。戸籍謄本は大使館領事部で内部英訳するとの事。
 *戸籍抄本、受理証明書、婚姻届では不可。 
 *戸籍謄本ふりがな付きのコピーを3部。
A婚姻様連具備証明書・・・コピー3部
Bフィリピン国籍者の出生証明書・・・コピー1部
C記載済みの結婚証明書申請用紙・・・原本1部コピー2部
D受領を郵送で希望する場合、1,000円切手を貼ったA4サイズの 返信用封筒(英文と和文で住所氏名を記載)
”費用”
 翻訳照合料:5,250円
 結婚証明書発行手数料:5,250円 
以上申請をした後4日後に発行されるという事です。私たちの場合は、自宅から大使館まで遠いので、郵送での手続きにしました。郵送期間を入れても申請から6日程度だったと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。