旅行予約
グーグルアース世界旅行

国際結婚入国管理局

国際結婚入管編その2

さあぁいよいよ東京入国管理局へ出頭です。
出頭??そうです、ウチの奥さん不法行為をしているのですから、出頭なのです。私は今回の一連の手続きのなかで入管への出頭が一番難しい問題になると思っていました。オーバーステイの外国人との結婚をする人で、手続きの全ての流れを行政書士等の法律家に任せて行う人が多いと思いますが、法律家の知識と経験を最も必要とするのは、この部分なのです。私達は法律家に依頼せずに全ての手続きをしたので、自ずと困難なパートとたやすいパートがわかりました。

まず、入管への出頭時に気をつけるのは、水曜日を避けるという事です。私達は事前に調べもせずに片道2時間かけて朝9時前(出頭者は朝9時までに窓口に集まる)に入管窓口に着いたのですが、なっ何と水曜日は業務休止・・翌日同じように朝5時半発の電車に乗ることになったのです。
また、必要書類等は以下に記載しますが、事前に入管に確認することをお勧めします。大使館等もそうですが、やはり直接聞けるところには電話等での事前確認をするのが良いと思います。

「出頭時持参書類等」・・・日本人の配偶者である場合
@日本人との婚姻を証する書類・・婚姻届受理証明書
A当該日本人の住民票の写し
B当該外国人または配偶者である日本人の職業及び収入に関する書類
・在籍証明書等職業を証明するもの
・次のいずれかで、年間の収入及び納税額を証するもの
 A 住民税または所得税の納税証明書
 B 源泉徴収票
 C 確定申告書控えの写し
C本邦に居住する当該日本人の身元保証書
D二人のツーショット写真や結婚式などの写真
E陳述書(事前入手の上記載、記載を法律家に頼むことも可)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。