旅行予約
グーグルアース世界旅行

国際結婚入国管理局

国際結婚入管編その4

入管へ出頭した後一週間ほど経過したでしょうか、入管から電話がありました。私が電話に出ると「奥さんいらっしゃいますか?」と言われます。一緒に生活していることの確認なんですねぇ。勿論ウチは一緒に暮らしているので、奥さんに電話を替わって一件落着。次回の出頭の通知を待ってくださいとのことでした。
数日後入管から出頭の日時が記載された葉書が届き、再度出頭です。
受付を済ませると、今回は「仮放免」と書かれた部屋で待ちます。
奥さんだけ呼ばれ、しばらくの間担当官と別室でやりとりをしていました。・・待つことおよそ40分、個室から出てくると、ほっとした様子で奥さんニコニコしています。「認定通知書」と「判定通知書」という二枚の用紙をもらってきたので、よく読んでみたのですが、内容がよく理解できません。どうやら本人が不法入国と強制退去の該当者であるという事が書類上から判るのですが、これだけでは、在留許可はおりていないという事になってしまいます。もう一枚もらってきた在留特別許可の説明書きを読み、パスポートに在留特別許可印が押されているのを見てようやく許可がおりたのだという事がわかりました。
そうです、在留特別許可がおりたのです!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84042790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。