旅行予約
グーグルアース世界旅行

国際結婚入国管理局

国際結婚入管編その5

在留特別許可を受けたときにもらった注意書きについて説明します。
そこには、「在留許可を受けた日から14日以内に役所へ出向き外国人登録証の滞在目的の変更を申請してください」という様な事が記載されています。そうなんです、私達が結婚した当時、日本に滞在していた外国人の方の多くが興行目的でしたので、当然外国人登録証の滞在目的の部分に”興行”と記入されています。これを”日本人の配偶者”へと変更するのです。
翌日早速役所へ出向きパスポートと外国人登録証を提示します。変更申請の書類に奥さんがサインして今日の手続きは終わりです。
それからもう一つ大切な手続きがありました、奥さんの健康保険の被保険者への加入手続きです。
ウチの奥さんこの頃「虫歯がイタイヨ」って騒いでいたので一日も早く被保険者にしてあげたかったので、一安心です。
後日役所から連絡があって無事登録証が変更されました。
これで、一通りの手続きが完了したことになります。手続きの経過でも書きましたが、ご自分で手続きをする方(このブログを読んでいる人はそのつもりだと思います)も部分的に時間や手間を買うという感覚で専門家に任せるという方法を取るのも良いと思います。やはりプロの知識と経験はシロウトには太刀打ちできませんからねぇ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。