旅行予約
グーグルアース世界旅行

フィリピン

フィリピンへの送金

多くの外国人が国籍や男女を問わず日本に長期滞在している最近ですが、勿論その殆どがお金を稼ぐためであることは言うまでもありません。
という事は外国人と結婚するという事は多くの場合夫婦の相手方の本国へ金銭的な援助をしなければならないという事も現実なのです。
当然そんなことは結婚する前から充分承知の上での決断をしていると思いますが、いざ実際に不定期に結構まとまった金額を送ったりしていると、なかなか大変ですねぇ。
金銭的に余裕があれば大したこと無いのでしょうが、独身時代に頻繁にお店に通ったり無計画に散財していた身(こんな男性多いのでは?)にはボディブローのように効いてきます。
それでも、国際電話で奥さんが長話した後、決まって申し訳なさそうに「パパァ、フィリピンお金足らないって」って言うのを聞くと、
仕方ないなぁってなるんですよね。まぁ物価は日本の約半分から10分の1位ですから何とかできる場合は何とかしてあげようとおもっているのです。
送金方法は、銀行の国際送金でやるのですが、手数料が結構ばかにならないので、フィリピンに里帰りしたときに奥さん名義の口座をPNB(フィリピンナショナルバンク)かメトロバンクで作ってくるように言っていたのに、奥さん「忙しかった?」という理由で作ってありません。
(ドアツードアという送金システムもありますが、違法なので使いません。)
ウチの場合は奥さんの両親も既に他界しており、兄弟姉妹もいないので(父親違いはいるが)そう頻繁に送金することも無いので、現状は相変わらす銀行送金ということにしています。
多くのフィリピン人の考え方として、「持っている者が持っていない者に分け与える」というのがあります。
日本人にも勿論こんな考え方を当然と思っている人もいると思いますが、フィリピン人に比べれば少ないのではないかと思います。
何しろ自分が無くてももっと少ししか持っていない人に分け与えようとするのですから・・私はこの考え方がスゴイと思うんです。
少しでもそうなれればとおもいつつ財布のひもが緩められない自分が情けない今日この頃なのでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88307546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。