旅行予約
グーグルアース世界旅行

国際結婚役所

外国人の住民票


特別在留資格の延長申請のときなど住民票の提出をもとめられる場面があります。
しかし、ウチの世帯全員の住民票には、奥さんの名前が載っていないのです。
なぜなら、住民票には日本国籍を有する者しか記載されないからです。
住民票については、住民基本台帳法という法律で諸々定められており、その第39条に「この法律は、日本の国籍を有しない者その他政令で定める者については、適用しない。」とあるのです。
私も、この条文のことを知るまでは、なぜ作ってもらえないのか、不思議に思っていました。日本に長く住んでいる方、あるいはこれから長く住もうと思っている方にとっては、住民票がないというのは大変なことなんじゃないかなぁって。
それほど、私たちの日常生活では、住民票が必要な場面が多いですよね。

住民票の代わりに「外国人登録証」

では、日本在住の外国籍の人たちは、住民票が必要になったとき、どうしているのでしょうか?
住民票を提出する必要のある手続きの際は、代わりに「外国人登録証」や「外国人登録原票記載事項証明書」を使うことができます。
これらは、居住地の市区町村役所で外国人登録の手続きをしておくと発行されるものです。
ちなみに、外国人配偶者のことを住民票に記載してほしい場合、役所に依頼すれば、日本人の住民票の備考欄に、外国人の妻か夫の氏名等を記載してもらうことができます。ウチの住民票にも備考欄に奥さんの名前が出てきます。
また、夫が外国人の場合、世帯主の欄には、日本人である妻の名前が書かれることから、やはり住民票の備考欄に、「実際の世帯主○○○○」と夫の名を記入してもらうことも可能だそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88773606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。