旅行予約
グーグルアース世界旅行

国際結婚大使館

外国人のパスポート更新

タイトルにもあるように日本に住んでいる外国人のパスポート更新は、本人の母国の大使館への申請になりますよね。ウチの場合は勿論フィリピン大使館。
申請の前に色々調べたんですが、フィリピン大使館のホームページって殆どの重要な部分が英語なんです。google翻訳で翻訳してみたのですが、笑っちゃうような翻訳が出てきましたねぇ。。
それで体験談などを書いているブログを参考にしたりしてようやく必要書類や申請の段取りが理解できました。以下にまとめたので参考にしてください。

オンライン申請をする⇒面会日の指定⇒大使館で本人面会⇒大使館よりパスポートの郵送。

以上が大まかな流れで、オンライン申請しない場合は直接大使館へ出向いて申請してもOKですが、当日、本人の面会はされませんので、最低2度は足を運ぶ必要があります。ネット申請なら一度で済んじゃいます。
オンライン申請の場合、記載内容も全て英語表記なので、翻訳を慎重にやってからが良いと思います。
面会に持参する書類等は
@古いパスポートA古いパスポートの写真が写っている見開きページの鮮明なコピーBEXPACK500(郵便局で購入、あて先は事前にローマ字で記入)
基本的には以上の3点で、古いパスポートの色が茶色の場合、出生証明のオリジナルの提出を求められます。更新の手数料は6,500円でした。
新しいパスポートに使う写真は面会時に大使館内で撮影しますので、事前に準備する必要はありません。

国際結婚大使館

国際結婚大使館編その1

さぁて次の手続きはパスポートの再発行です。
再発行はフィリピン大使館で申請するんですが、これが一苦労なんです。平日の午前中に大使館に着いたんですが、大使館の待合室は通勤電車のようです。さらにどこに並んでいるのか、案内が大雑把なのでどの窓口に並ぶべきなのかよくわからないんです。とりあえず奥さんの指示どおりに列の最後尾と思われるところに並んでいると、列が三つ四つに分裂したりと、並んでいるのか並んでいないのかよくわからない状態に、まぁ皆さんあまり気にしていない様子なので、これで良いのでしょうが、やっぱり日本人の感覚とずいぶん違っていますよね。良い意味でおおらかなんでしょう。
さてお昼になるまでに何とか窓口にたどり着いたので、再発行の申請書類を提出、さらに事情を説明(もちろん奥さんが)しばらく待っているとフィリピンからの書類(レッドリボン)がどうやらニセモノという事らしい(驚)結局もう一度書類をフィリピンからとりよせる羽目に・・という事で第一回目の大使館行きは空振りに終わったのでした(唖然)
今回学んだ事は大使館へ行く時は9時に開くので、9時までに到着する事(12時までに窓口にたどり着けないと、昼休み明けまで待たされるため)、暇つぶしの為の本などを持っていく事、勿論事前に書類の確認をする事(フィリピンからの書類は確認しようがないケドね・・)

国際結婚大使館

国際結婚大使館編その2

今回で三度目の訪問になります、フィリピン大使館です。いよいよパスポートの再交付がされるという事で奥さんもウキウキしてます。相変わらす混んでますが、なんとか順番が回ってきました。窓口で何やら書類を受け取った奥さんおもむろに「パパ¥45,000ペイするんだって」??パスポートの再発行ってこんなに高いのおぉ・・仕方なくCasserで支払って、奥さん宛の封筒に住所氏名を記入して渡します。後日郵送で受け取るシステムなのです。今日の手続きはここまで、それにしても日本の役所で手数料四万円以上なんてチョット考えられませんよね〜

国際結婚大使館

国際結婚大使館編その3

パスポートの再発行が済んだので、並行していた独身証明書の申請をします。独身証明書とは正式には婚姻用件具備証明書といい、重婚の認められていない日本で国際結婚をする際には相手の国籍を問わず必要不可欠な書類です。この書類の申請に必要な書類を参考までに挙げてみます。(フィリピン大使館の資料です)

「フィリピン国籍者の必要書類」
@認証済みの出生証明書(原本1・コピー2部)
A認証済みの無結婚証明書(原本1・コピー2部)
B認証済み両親の同意書(原本1・コピー1部)18から20歳の場合
C認証済み両親の承諾書(原本1・コピー1部)21から25歳の場合
Dパスポート(写真のページ及びデータのページ/コピー1部)または トラべルドキュメントの原本提示
E証明写真(4.5cmx3.5cm)パスポートを持っている人1枚、持っ
 ていない人3枚、失効無効パスポートを持っている人3枚
F洗礼証書または成績証明書卒業証明書等の学業証明書(パスポー  ト、出生証明書等の証明書類と生年月日や名前等に食い違いがある 場合)
G大使館の労働事務所の許可証(申請者が正規の労働ビザで滞在して いる場合)
 認証済みとは・・Tフィリピンの国勢調査・統計局 Uマラカニア ン大統領府認証課 Vフィリピン外務省認証課 この三つの順序を 経て受ける正本である確認という事です。

「日本国籍者の必要書類」
@戸籍謄本(6ヵ月以内、原本1・コピー1部)
Aパスポートまたは公的身分証明書(原本提示、コピー1部)
B証明写真(4.5cmx3.5cm)1枚

以上の書類を自分達のケースに当てはめて揃えるのですが、日本人サイドはすぐに揃うのですが、やはりフィリピンサイドは時間と費用が掛かりますねぇ。特にフィリピンからの書類は私の経験上いい加減なものの場合がありますので、身内の信用できる人物に依頼した方がコスト的にも良いでしょう。また、フィリピンからの書類は原本提示で返却してもらえるケースでは必ず返却してもらう様伝えましょう、日本の役所にも原本の提示を求められます。

国際結婚大使館

国際結婚大使館編その4

フィリピン大使館では、電話での問い合わせも受け付けている様ですが、あまりにも忙しい為(・・と思う)めったに電話を取ってもらえません。私は運良く一度電話がつながったので、手っ取り早く質問したのですが、大使館のスタッフ(日本人でした)が「質問を文章にしてファックスしてください」と言ったので、ファックス番号を知ることができました。それ以降何か質問があるとファックスを送っています。翌日だったり、翌々日だったりしますが、必ず返事をもらえます。
ファックス番号は公表してよいのか確認していませんので、残念ですが教えられません。そのかわりこのブログでできるだけ直接大使館からもらった返事の内容を伝えていきますので、参考にしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。