旅行予約
グーグルアース世界旅行

国際結婚ダイアリー

乳ガン・・?

今日は朝息子を保育園に送ってから、市内の総合病院へ奥さんを連れて行きました。それというのも、昨日「パパァおっぱい硬くなってる」って言うんで、触ってみるとびっくり”しこり”のようなものがあるではないですか。
おっぱいの大きい女性は乳ガンになることが多いって聞いたことがあるんで、(女性ホルモンが多いって事かららしいのですが)心配になって慌てて連れて行ったんです。
看護師さんに説明すると、「授乳中の人はマンモグラフイーの撮影しても白っぽくてはっきり写らないんですよ」って言われ、触診とエコーの撮影で見てみましょうということになりました。
結果は・・・おっぱいが溜まって硬くなっていたということで、ひとまずホッとしたのでした。
今回の医療費は女性器のチェックも並行してやったので\6,000ほどかかりましたが、我が家は国保が利用できる有難さを実感しているんで
高いとは感じませんでしたねぇ。
健康に関してはちょっと神経質くらいで良いのかなって思ってます。

国際結婚ダイアリー

娘の洗礼式

もう少しで一歳になる娘の今日は洗礼式の日。
洗礼式というのは日本人には馴染みが浅いんですが、キリスト教大国フィリピンではとてもポピュラーな行事なんです。
私自身も長男が三年前に洗礼を受けるまで、この儀式があることも知りませんでした。
私の知人二人と、奥さんの友達大勢という立会人の人たちに教会に集まってもらい、教会のミサの間に洗礼式をやってもらいました。
その後、集まってくれた皆さんへのお礼として昼食を用意してもてなします。久しぶりに再会した友達同士との会話でで奥さんも嬉しそう、私の知人も、だいぶ前にフィリピンパブで馴染みになっていた娘達に再会して嬉しそうでしたねぇ。
こんな行事が無ければこうやって再会する機会も無くまた、奥さんの友達の殆どが娘のことを認知するわけで、人間関係がより深くなる行事としても意義のあることなんですねぇ。
まぁスポンサーになる方はチト大変ですけどね。

国際結婚ダイアリー

てりやきバーガーって美味しい

今日ウチの奥さん友達の所へ遊びに行くっていうんで、送って行ったんですが、「おみやげハンバーガー持ってく」って言うのです。道中モスバーガーがあったので、違う種類のハンバーガーを5つ買って持たせてあげました。
仕事がひと段落して、迎えに行き自宅に帰る途中私が「お母さんどのハンバーガー食べた?」って尋ねたら「てりやき、マサラップ(美味しい)だって」って言ってました。
このお母さん、友達のお母さんで日本初めてもちろんてりやきバーガーも初めてのハズ、好みの差はあれ、あの味は万人に受ける味なんだよねぇ。私も18歳の頃初めて食べたてりやきバーガーに感激したことを思い出しましたヨ。

国際結婚ダイアリー

サル食べた!

今日、テレビでいってQ観てたらメガネザルが出てたのですが、ウチの奥さん急に「サル美味しかったヨ」・・・しばらく呆気にとられていると、奥さん曰く小さい時病気がちだった奥さんは育ててくれたオバァサンから「コレ食べたら元気になるヨ」と言われ肉料理を出されたんだそうです。食べるとおいしいので「コレ何の料理?」って尋ねたら「サルの肉だよ」って言われたんだそうですが、確かにその後健康になったんだそうです。
いつも奥さんの子供の頃の話を聞くと、まぁ当時の(今でもそうかも)フィリピンの特に田舎の子供の衛生状態で良く元気に大人になったもんだとつくづく感心させられます。

国際結婚ダイアリー

コラーゲンゼリー

「パパァこれお願いね」って奥さんが公告を持ってきました。そこには利用者の体験談が顔写真と一緒に長々と書いてあり、いかにこの商品が美容と健康に良いかと言っています。奥さんモチロンその記事を読んだワケでは無く、お試しサンプルを食べて体験的に感覚的に”良い”と感じたんだと思います。この感触はなかなか当たるみたいなので、値段も手ごろでもあることだし「OK!」と注文してあげることにしました。
ちなみに商品は『うるおい宣言』っていいます。

国際結婚ダイアリー

親孝行

最近のお約束で、息子に「今日はドコ行く?」「今日何する?」って起こされて質問されるのが、朝のルーティンになっています。
1月11日の成人の日もそんな息子のジヤンピングアタックで起こされて、さて何しようって考えながら起きていくと、奥さんが「お母さんのバハイ(家)の掃除するよ」って言い出しました。
早速実家に電話をすると、両親共午前中から出かけるので、留守の間に掃除しておいてもらえるとありがたいという返事、早速通販で買ったモップを積み込んで出かけました。
前にも書いたのですが、ウチの奥さん異常なまでに綺麗好き、正月の挨拶で行った散らかっている実家に腕が鳴っていたようです。「パパァ二人お願いね」と言って腕まくりです。
下の8ヶ月の娘がママの手を離れて大丈夫か心配だったんですが、ベビーシートに乗せて走り出すと、ニコニコ笑って乗ってました。そのうちアクビを一つすると、寝ちゃいました。
そのまま寝かせたまましばらくドライブして、4歳の息子を公園で遊ばせて約2時間半。実家に戻るとワックスがけした廊下がピカピカに輝いてました。
腰の曲がった母が「腰が痛いから掃除大変なのよ、ありがとうね」ってとっても喜んでくれたのが嬉しかった休日でした。
帰った後は私が奥さんのマッサージ・・

国際結婚ダイアリー

サウナで・・・

今日久し振りに家族で日帰り温泉に行ってきました。年末からずっと何やら忙しく、疲れも溜まっていたので、ゆっくりしようと楽しみにして行ったのです。
4歳の息子は奥さんと0歳の娘と一緒に入るというので、私一人”サウナ4セット”と喜んで男湯へ・・それは2セット目に入ったときに起きたのです。サウナに入って下の段に座ると、上の段に座っていたオジサンがいきなり「お客さん」って呼びかけるのです。何かと思って振り返ると「水滴をきれいに拭いてからサウナに入れ」と言うではありませんか。私は「拭いてきたよ」と答えたのですが「背中が濡れている」と言うのです。一瞬のやり取りだったので、ビックリしましたが、まぁ言い争いをするレベルの相手でもなし、せっかくリラックスするために来たのに台無しにされるのも嫌だったので「親切にどうも」と言って背中を拭いたのです。しかし、ナゼこのオジサンはそんなことを私に注意したのだろうと考えてみました。
そもそも背中が濡れているといってもびっしょりに濡れていたわけではなく、(確かにタオルで拭きとってはいなかったが)一度サウナから出て水風呂に入り、しばらくクールダウンしてからの再入場だったわけで、指摘されるようなことは無いと思うので、なお一層??って感じでした。ましてや第三者に直接迷惑が掛かる様なことは無いわけで、全くの見ず知らずのオジサンに指摘される筋のものではないと思うのです。
言うなればまさに”大きなお世話”以外何物でもないですね。久し振りにビックリしたので書いてみました。

国際結婚ダイアリー

今年もメリークリスマス

”メリークリスマス!”今日は朝から元気なウチの奥さん。
クリスチャンにとってはクリスマスはやはり特別な日なんですねぇ。
早速プレゼントを抱えてきました。フィリピンのスタイルは子供の枕元の靴下にプレゼントをいれるんじゃなく、クリスマスツリーの下や周りに何日も前からプレゼントを置いて、当日それぞれに渡すみたいですねぇ。4歳の息子にはウルトラマンの兄弟がたくさん入った人形のセット、0歳の娘にはふわふわのワンピース、そして私にもシャツのプレゼントを用意してくれていました。(本人はチャッカリ事前に私から貰っている)大喜びする息子と、それを見てはしゃいでいる娘、その光景が何よりのクリスマスプレゼントでした。

国際結婚ダイアリー

目指せパッキャオ

前にも書いたんですが、ウチにはもう一人息子がいます。といっても実子ではなく、フィリピンでウチの奥さんが養子縁組してオバサンが面倒をみている5歳になる息子です。幼稚園に通う彼の周りは沢山の危険が取り巻いているようです。通園途中の交通事故や誘拐など園外はもとより、幼稚園内にもイジメっ子の危険があるらしいのです。あちらの子供は良く言えばたくましいのですが、暴力的な子供も多いらしく、彼はイジメの対象になることもあるというのです。
数ヶ月前オバサンからその話を聞いたウチの奥さん、強気の性格らしく「どうしてやり返さないの」って電話でオバサンに鼻の穴を膨らませて怒っていたんです。
その後数ヶ月してフィリピンに電話をしていて5歳の息子の将来の夢はプロボクサーになって世界チャンピオンになることなんだって判ったんです。かの国ではパッキャオは正に国民的ヒーローで、私が子供の頃にあこがれた長嶋茂雄のような存在なんだと思います。
奥さん電話を切るなり「今年のクリスマスプレゼントはボクシンググローブねっ」だって。
未来のパッキャオに、通販でジュニア用のグローブを買って送ろうと思ってます。

国際結婚ダイアリー

ゲーセンで万枚

下の娘が生まれてから7ヶ月、奥さんが「ゲームセンター行きたい」って言い出しました。思えば、仕事に一緒に連れて行っても車の中で待っているだけだし、たまに行く友達のところでもなかなかゆっくりできなかったりで結構育児ストレス溜まってたんだろうなぁって思ったのでした。地元のゲームセンターはあまり混んでないので、タバコの煙も気にならず娘連れで行ってみました。「私だけでダイジョブヨ」って言うもんだから、こちらはパチンコへ、三〜四時間経ったでしょうか迎えに行ってみると・・なっなんとコインがパチンコの箱に4箱山盛り!!「出たの」「エヴァンゲリオンイッパイ出た」だって・・またも出ましたウチの奥さんの”鬼ヒキ”でした。
こっちは一箱も出なかったのに。。

国際結婚ダイアリー

歯がイタイ〜!!

ちょっと前に息子が保育園から風邪をもらってきてから、わが家の四人は順番に風邪をひいてまわっています。一番最初に風邪を持ち込んできた息子はケロッと治って、生後半年の下の娘が今コンコンしてます。そんなこんなで、息子は私と別室で寝るようになったのですが、それからというもの私は寝不足気味です。最初は寝ている息子がゴロゴロ体当たりしてくるんで目が覚めてしまっていて、3日ほど続いていたのが、昨日あたりから左の頬の辺りがズキズキ痛んで夜中に目が覚めるようになって益々寝不足に。たまりかねて歯医者に行くと、治療した歯の神経を抜いたところに膿が溜まっているというのです。かぶせてあった義歯を外して膿を出す治療をしているのですが、食べたいものが思いっきり食べられないってすっごくつらいですよねぇ。改めて健康の大切さを思い知らされました。
歯医者で治療と同時進行で、歯のクリーニングをやってもらっていますが、ビックリするくらい汚くなっているモンですねぇ。ネットでトゥースメディカルホワイト
っていう歯を白くするの見つけたんで早速使って見ます。

国際結婚ダイアリー

フィリピン台風の影響

毎度のことらしいのですが、今回の台風の被害は特にひどかったようですねぇ。ウチの奥さんの友達や知り合いの家もマリキーナ、ボラカン、パンパンガといったところで台風の被害に遭って壊されてしまったようです。そのなかでもマリキーナの友達はお店時代に奥さんがとっても仲良くしていた友達で、私も何度も会っているのですが、とっても性格の良いカワイイ娘なんです。彼女名前はバンビって言うんですが、ヤッパリ長いこと日本で仕事頑張って、フィリピンに豪邸を建てたというのですが、長年の努力の結晶が一晩でアッという間に壊れてしまったというのです。聞いてみたら、フィリピンでは日本ほど保険も普及しておらず、一般に家を建てたから火災保険には必ず加入するといった日本人のようなキッチリさは当然のことながら無く、彼女も火災保険に加入していなかったらしいというのです。もし仮に加入していたとしても、あの国で保険を販売する保険会社が風災や水害のリスクを標準でカバーする補償内容の火災保険を販売するのか甚だ疑問ですけどねぇ。
「パパァ、バンビのこと助けるするぅ?」って言うので「勿論助けてあげよう」ということで、少しの金額ですが、送ることにしました。
自分達も困ったときに周りの友達にスゴク助けられたことがあり、他人の親切の有難さは身をもって感じているんです。困っている人を助ける気持を大切にするという事は、ウチの奥さんの生い立ちの中で自然に身についたとても尊敬すべき性格だと思っています。

国際結婚ダイアリー

腰痛がキタ〜!

腰痛って突然来るんですよネェ。
高校時代サッカー部に所属していた私は、当時からしばしば腰痛に悩まされているんですが、今回のは原因が全くわからず、朝起きたら痛かったというタイプです。異常に疲れたときなどに腰が張ってきて、更に無理をすると出るいつものパターンとはチョット違うんですが、痛み具合はおんなじなんです。
いつものようにまた割りやストレッチをしているんですが、簡単に治るものでもなくここ三日ほど弱っていました。そんな時たまたまメルマガで
山田式腰痛改善メソッド
っていうのを見つけたんで、買ってみます。感想は後日。。

国際結婚ダイアリー

正体はスズメバチ

蜂に刺されて急救車を呼んだ次の日、早速市役所の環境課に蜂の巣の駆除について連絡しました。私の住んでる市の役所では、市が駆除をやらず業者を紹介してくれるという事でした。教えられた電話番号に連絡して事情を説明したところ、「今日動ける業者を探してこちらから連絡します」という返事、しばらく待っていると電話があり、業者が尋ねてきてくれました。
業者のオジサンによると、「とりあえずの処置なら今すぐできるけど、根絶(つまり巣ごと駆除)するなら暗くなってから費用は4万円程かかるヨ」とのこと。即答で「根こそぎお願いします」って返事をしました。蜂に刺された身としては、根絶以外の選択なんてありえません。ウチの場合、床下に営巣されたので4万円も決して高くないと思えました。
いよいよ日も落ちて駆除実行です。業者のオジサンテレビで見たことのあるような頭を保護するネットをかぶり完全防備で床下へ、30分近く格闘の末汗びっしょりになりながら虫取り網半分ほどの蜂の成虫の死骸と、小豆袋半分ほどのスズメバチの巣を持ち帰ってきました。
それらを見た瞬間オジサンへの感謝の気持と安堵感で嬉しくなりましたねぇ。約束の4万円を支払い、蜂の巣と死骸を持ち帰ってもらい一安心したのでした。

国際結婚ダイアリー

ハチに刺されたぁ

ウチはログハウスで小さな山の麓に建っているんですが、以前から色々な動物や昆虫がやってきます。野ねずみやタヌキなんかも時々来るんです。今回は厄介なことに建物の基礎の空間にハチが巣を作っちゃったみたいで、建物北側の草むしりをしていた奥さんが気づいたのでした。
たまたま昨日、灯油タンクの灯油が無くなってしまったので、予備の灯油を補充するため建物北側の灯油タンクに向かいます。「パパァBeeが居るから気をつけてネ」って言われ、「解ったヨ」と言って軍手と長袖長ズボンで殺虫剤を手に灯油タンクに向かいます。ところがこれがとんでもない事件に・・危害を加えられると思ったハチが二匹いきなり攻撃してきたのでした。手で払い避けようとしますが、その手に軍手の上から刺してきたのです。「イタッ」思わず軍手を取って手を見ると刺されたと思われる場所から小さく出血、既に手は痺れ始めています。次には大粒の脂汗が額からあふれ、気持悪くなって立っていられません。日曜日という事もあって近くの病院というわけにもいかず、救急車を呼んだのでした。救急隊員の人からは「蜂に刺されたのは何度目ですか」とか「現在飲んでいる薬はありますか」とか色々質問されましたが、車中「蜂は刺されてから30分位経過して意識があれば大丈夫ですよ」と言われ一安心、病院に到着しました。当直の医師から同じような説明を受け、患部に軟膏を塗って貰って帰ってきました。
しかし、コレを書いている翌日現在、刺された私の手の甲はグローブのように腫れています。

国際結婚ダイアリー

フィリピンの美味しいお米

わが家では、子供が寝静まった後、キッチンで奥さんのフィリピン時代のお話が始まることがしばしばです。今日は「フィリピンの田舎にはおいしいお米があるんだヨ」っていう話になりました。奥さんによると、小さい米で日本の米より美味しいということなんですが、(その辺りはは彼女が食べたシュチュエーションによるところが大だと思われる)
収穫のときにチキンとお米を振舞って祝うお祭りのようなことをやるらしく、奥さんにとっては凄く楽しい思い出らしいんです。
フィリピンでは、そんな美味しいお米や黒い米、赤い米、タイやベトナムなどから輸入される細長い米等様々な種類の米が食べられているそうなんです。
ウチの奥さん小さいころから米といえば小さい粒の美味しいのを食べていたので、米の味にはチトうるさいんですネェ。私は米の味にはあまり頓着しないので、炊き方さえ好みの硬さなら何でも良いのですが、奥さんはいつも「コシヒカリとあきたこまちが美味しいヨ」って言うので、ウチのお米はあきたこまちになることが多いんです。

国際結婚ダイアリー

大鉄道博行ってきたヨ

昨日、息子が一ヶ月くらい騒いでいた大鉄道博に行ってきました。高速道路の特別割引だということで自動車で一家四人、大騒ぎの大移動です。朝8時過ぎに自宅を出発正午前に新高輪プリンスの特設会場へ到着です。四歳の息子は入場前から大興奮、奥さんはむずかる下の娘に手を焼いて機嫌が悪くなってます。入場すると夏休みの子供連れで会場は大賑わい小さな赤ちゃん連れも目立ちます。電車のドライブシュミレーターの予約は入場時点で午後四時まで一杯でとても無理。場内を順番に巡ろうとしたのですが、息子は既にプラレールのコーナーに一目散、奥さんに「一旦分かれて二時に入り口で待ち合わせネ」と言い聞かせて息子を追いかけていきました。あちこち息子に振り回されて約束の二時に入り口の所で落ち合うと、今度は息子がダダをこねだします。プラレールを買って欲しいっていうんです。以前から約束していた事なんで既に二台買ってあげてましたが、何やらもっと欲しいと言っているんです。
ここは親としての教育という意味もあり、ゆっくり言って聞かせます。
まぁ自分の息子ですから、自分が小さいときのことを思い出してみれば息子がどんな気持ちなのかは想像がつきます。言って聞かせたところで、聞き分けよく納得などするわけはないのですが、ここで息子の我がままに答えてしまうと、息子は自分の感情をコントロールできない麻薬で捕まっている人達のような甘えた人間になってしまうと考えるんです。自分自身が自分に甘いと思っているのに、息子に厳しくするのは心が痛むんですが、息子のタメと思ってこころをオニにして言い聞かせるんです。
日常でも非日常でも、子供を育てるってことは自分自身が育てられているってことなんですね。 

国際結婚ダイアリー

肩コッた〜

前にも書いた記憶があるんですが、最近色々なモニターを凝視する時間が長いのと、年齢からくるのか眼精疲労と肩コリがスゴいんです。
肩コリ持ちじゃないウチの奥さんも、最近赤ちゃんを抱っこしているからでしょう肩や腰が痛いって言うときがあるんです。奥さん曰く「マルマルのヤツ」イオンセル騙されたと思って使ってみると良いですよ。ウチは夫婦で愛用してます。

国際結婚ダイアリー

外壁のペイント

「ネェパパァ、バハイのペイントお願いしていい?」急に奥さんが言い出したので「何で?」って聞くと、友達(フィリピン人男性)が仕事無いからアルバイトさせて欲しいっていう事で連絡してきたっていうんです。この男性私も面識があるんですが、ご他聞に漏れずオーバーステイ
でおまけに最近軽い脳梗塞を患って、病院に入院して治療するのがベターらしいのですが、費用が90万円かかるというのです。勿論健康保険なんて無いので全額自己負担です。とてもじゃないけど無理、それ以前に仕事が無くて食っていくのが大変という状態みたいなんです。
まぁ、いつもながらフィリピン人の生きていくためのバイタリティと計画性の無さにはいつもながら感心するんですが、今回の彼の状況は少なからず同情は禁じえないとこです。そんなことで、単純にお金をあげるという程の間柄でもないので、外壁の塗装(わが家はログハウスなので定期的な塗装が必要)を頼むことにしたのです。とはいえ足場を組む費用は捻出できないので、長いはしごと塗料をこちらで用意しなければなりません。それでも軽く6〜7万はかかりそうだし、手間賃をいれると10万位は準備しないとなりません。
かく言う私も何とかなるかぁって思ってると大体なんとかなるっていう調子でやってきたんで、今回もそのノリで考えてます。
とりあえず花の慶治にお願いしてみるか。。

国際結婚ダイアリー

竜巻が起こるなんて

テレビで群馬県館林市で竜巻が発生したニュースをやってました。
観ていたウチの奥さん「タガログ語はイプイプって言うんだヨ」「地球が怒ってるんだヨ」って言ってました。
ウチの奥さんがつぶやくときって、宮嵜アニメに出てくる長老が喋る言葉の様な含蓄があるんですよねぇ。何せ小さいときから苦労してるんで・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。