旅行予約
グーグルアース世界旅行

国際結婚ダイアリー

奥さんのパチンコ

妊娠してからウチの奥さんパチンコに行きたがります。フィリピンの迷信なのか(日本でも一部では伝わっているらしい)女性は妊娠するとギャンブルにツクっていうのです。
まぁ、つわりの軽い代わりにご機嫌が悪いことの多い最近の奥さんの少しでも気分転換になればよいと思うので適当に送っていくのですが、ココでもう一つの問題があるんです。私がいつも行くパチンコ店では会員カードを発行していて、出た玉を換金せずに貯玉しておけるのです。最近花の慶治で結構稼がせてもらっている私のカードには玉がたっぷり貯玉してあるのですが、奥さんに渡すたびに気前良〜く使ってきてくれるのです。翌日カードの残高を見て愕然なんてこともしばしばです。迷信とは反対にウチの奥さん妊娠してからギャンブル運が悪くなったみたいです。今日もしっかり負けてきました。ひと言「ゴメンネ〜3BOX位使っちゃったよ」だって・・

国際結婚ダイアリー

臍帯血保存

昨日産婦人科の定期健診に奥さんを連れていって、待ち時間の間に待合室にあった冊子を何気に見ていると、臍帯血の保存についての説明が出ていました。チョット興味深かったので紹介してみたいと思います。
「さい帯血」って?
医学用語で、へその緒のことを臍帯(さいたい)と呼びます。臍帯血(さいたいけつ)とは、へその緒の中を流れる血液のことです。
血液中には赤血球・白血球・血小板などの血液細胞がありますが、これらはすべて、造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)という特別な細胞からつくりだされたものです。さい帯血には、血液のもとになる造血幹細胞が豊富に含まれています。

臍帯血(さいたいけつ)移植
血液細胞ががん化して増殖し、正常な血液がつくれなくなるのが血液がんです。がん化する細胞の種類により、「白血病」、「悪性リンパ腫」、「多発性骨髄腫」などに分けられ、毎年約2万人の方が亡くなるとされています。よく知られる白血病は、がん化した白血球が増殖してしまう病気です。
病気により正常な血液がつくれない場合、造血幹細胞移植という治療が行われます。造血幹細胞移植は、病気になった血液細胞を抗がん剤や放射線で破壊し、健康な造血幹細胞に置き換える治療法です。造血幹細胞をどこからもらうかで、「骨髄(こつずい)移植」、「臍帯血(さいたいけつ)移植」、「末梢血(まっしょうけつ)幹細胞移植」の3種類に分けられます。さい帯血移植は、新しい治療法として近年急速に増加しています。株式会社シー・ビー・シーHPより
この臍帯血出産のときに唯一採取のチャンスがあるということですので、妊婦の関係者としては、調べてみる必要があると思いました。
生まれてくる赤ちゃんの将来の血液の病気に備える私的保存や既に病気を発症している他人の為に提供者になるか、どちらにせよ利用価値の非常に高い生命の贈り物だということです。

国際結婚ダイアリー

チョットいらいら

最近のウチの奥さんど〜もいらいらしているみたいで、息子や私に怒ることが多いんです。今朝もチョットしたこと(ペットボトルの水が入りすぎている)で小言を言うわ、息子のおもちゃの片付け方が悪いとかで文句言ってました。その言い方も怒り口調だから、聞いているこっちも堪りません。ついに言い争いに・・ってウチは言い争いになり始めると、私が違う部屋へ行くか、外出して回避することにしているので、争いが続かないんです。まぁそうしないとイライラが溜まって仕方が無いので自然とそうするようになったんですけどね。
国際結婚の場合特にお互いの感情が昂ぶっているときに言葉で感情をぶつけると、細かいニュアンスは消えてしまって悪い言葉だけがぶつかり合うという事になりがちです。そうなると更に対立がエスカレートしてしまうと思うので(まぁフィリピン人の女性はエキサイトしやすい人が多いような気がします)日本人同士のカップルよりやはり気を使わないと上手くやっていけないと思うんです。まぁフィリピン人の女性はエキサイトしやすい人が多いような気がします。

国際結婚ダイアリー

知り合いのカップルがぁ〜

昨日の夜10時頃だったでしょうか、知り合いから「チョット相談にのってほしいんだけど」って電話がありました。聞くと、同棲していたフィリピン人の内縁関係の奥さん(この男性未だ日本人の奥さんと籍がはいったままなので、二人の間にできた子供の認知をして内縁関係なんです。)が子供を連れて出て行ってしまったというのです。
男女の間の細かい話は聞いても仕方が無いので、知り合いも掻い摘んで説明をしただけだったのですが、肝心な事は、彼女が連れて行った子供を取り戻したいんだけど、どうしたら良いだろうという事だったんです。一度は居所を突き止めて連れ戻したらしいのですが、スグまた出て行ってしまったというのです。
知り合いが言うには、夜は彼が毎日一人で子供の面倒を見ていて、(彼女は夜の仕事をしている)子供も彼の方になついていて、最初の居所では夜になると子供が余りに泣くので、そのお宅(彼女の友人夫婦の所との事)のご主人も仕事にも差し支えると怒っていたというのです。
更に知り合いの話を聞いていくと、そもそもの原因はどうやら彼女がドラッグをやっているフシがあるという事から始まったらしいのです。もし本当なら、彼女には可哀想かもしれないけれど、警察に告発して捜索してもらうというのが、子供を取り返すには最も有効な方法(探偵など費用の点で無理)なのかと思われるので、彼女が強制送還になることを覚悟するなら、警察に行ってみるのも手だという話しをしたんです。
知り合いは「彼女には未練も情も無い、子供の事だけが心配」ということで、警察に行ってみる事にしたようでした。
今日こうやって思い出しても何ともつらい出来事です。彼女はウチの奥さんとも仲が良く、子供同士何度も遊んでウチの息子も会うのをいつも楽しみにしていたので、尚更です。今後子供を含めた三人がどうなるかは判りませんが、二人の周りの知り合いには物心両面で大きな波を立てている事だけは確かです。何とか子供だけは安心して育つ環境で育ててほしいものです。

国際結婚ダイアリー

できたぁ〜

奥さんのお腹イタイ騒ぎから3ケ月、「チョットお腹イタイし生理こないよぉ」って言うので、病院に行ってみようということになりました。診察の結果は見事御懐妊でした。でも、生理来ないっていっても、妊娠するようなタイミングで思い当たるのは1回か2回?打率はイチローを上回ったようです。
いづれにしても、我が家に新しい家族が加わることになり、嬉しいビックリです。
今回、総合病院に行って診てもらったんですが、産婦人科の診察ということで、自費診療だったのでチョット驚きました。最初は腹痛があるので、再度看てほしいと言ったのに・・
ニュースで妊娠出産に係わる医療費の健康保険対応が検討されているという事ですが、我が家は間に合わないみたいです。最初の息子の時
も在留許可の時期の関係で出産祝金の給付がされませんでしたが、どうもタイミングが悪いんですよねぇ。

国際結婚ダイアリー

お祭りだぁ〜

今日は地元のお祭り、私は子供の頃から祭り好きで、毎回参加しています。祭りって良いですよねぇ、知り合いも増えるし、ストレス発散にもなるし、っていうところなんですが、我が家のお祭り参加はチョット大変なんです。まず、お祭り期間中でも奥さんの仕事は休みなしなので、朝一祭りの開始時に顔出しした後、午前中いっぱいで一時帰宅、奥さんを仕事場に送って息子を実家に預けます。その後また祭りに合流して夕方再び奥さんを迎えに行って、実家に連れて行き、三度祭りに合流、終了後は打ち上げにも参加せずに二人を迎えに行って帰宅というスケジュールなんです。特に今年は雨に祟られたので、途中着替えもしなくてはならなくて大変でした。
ところで、私の参加している町内にはフィリピンパブが二件あるのですが、毎回二店のフィリピーナが大勢参加するのです。店のオーナーが宣伝と感謝の気持ちから強制的に参加させているということなんですが、参加しているフィリピーナはさすがにラテン系ノリが良いのです。”わっしょい”の掛け声も”イラッシャイ”になっていたりして・・結構楽しんでます。
ウチの奥さんといえば、ラテン系のフィリピーナなのに不思議と祭りに出たいとか言わないんです。見るのは好きらしいのですが。。
落ち着いているといえば、落ち着いているんですよねぇ。

国際結婚ダイアリー

フィリピンチャンネルのメンテナンスその後


以前ウチのフィリピンチャンネルのチューナーが雷で壊れた話を書きましたが、新しいチューナーが届いてから、またまた一騒動。
チューナーの設置は付属の説明書(日本語と英語の併記)通りにやっていくのですが、説明書通りだと画面が写らないんです。フリーダイヤルに問い合わせ(奥さんが説明します)をすると、設置してあるパラボラアンテナの角度を微調整するんだそうです。確かにそれらしい様なことが説明書にも書いてあるのですが、日本人の私の感覚では、一般のユーザーがアンテナの角度を調整するというのはチョット考えにくかったので、ビックリです。
さぁそれからが大変です。ウチのアンテナは最初業者の人が取り付けてくれたものなので、結構高い所に取り付けてあります。脚立を伸ばしてようやく届く高さです。更に炎天下、高いのも暑いのも苦手な私はアンテナを固定しているネジが硬くて緩まないのも手伝ってイライラしていました。
奥さんが画面を見ながらスタッフと電話でタガログ語で説明を受けながらそれを日本語で私に伝えるのですが、お互い次第に声が大きくなっていき、ついにはチョッとしたニュアンスが伝わらずに怒鳴りあいです。。格闘すること30分奥さんの歓声が室内から・・ようやく写るようになりました。まぁめでたしめでたしでした。それにしても暑かったぁ〜。

国際結婚ダイアリー

フィリピンチャンネルのメンテナンス

”ゴロゴロドッカン”っていう物凄い音がして、息子もビックリ!!そうですここは群馬県、雷は夏の定番なんですねぇ。
それにしても、私の記憶では、最近特に雷の発生回数が増えているような気がします。ニュースでも豪雨の発生が増えていると言っていましたが、それに連動している感じがします。
おまけに今回の雷は思わぬお土産を置いて行きました。ウチに設置してあるフィリピンチャンネルが写らなくなってしまったんです。どうやらアンテナを雷が伝わってチューナーに入ってしまったみたいなんです。
奥さんが早速サービスセンターに連絡を入れると、「料金着払いでチューナーを送ってくれ」というので、早速梱包して宅配便で送りました。すると、3日程度で新しいチューナーが宅配便で届いたではありませんか。恐らく修理不能であったため新しいものを送付してきたのだと思いますが、型も新しい新品がわずか3日で届くって、製品のトラブルの経験の殆ど無い私としては少々ビックリです。勿論費用はゼロ。
今新しいチューナーを設置しているところです。わからないところが少しあるので、フリーダイヤルで質問してみたんですが、日本人のスタッフが不在(細かい説明は日本人同士じゃないと無理)だったので、後で奥さんに連絡してもらいます。

国際結婚ダイアリー

国際結婚の夫婦ゲンカ

ウチの夫婦は時々喧嘩をします。いつも原因は些細なことが殆どなんですが、今回は自動車に乗りながら会話していたときに、前後の座席で話が聞き取りずらかったのか、返事をしない妻に私がキレたのが原因でした。
この夫婦の場合、言い争いをしないで、お互い喋らなくなるのがいつものパターンです。今回は丸一日会話なしが続いていましたが、やはり息子(3歳)のことで話をしないわけにはいかず、話が始まるといつの間にやら元通り。(子は鎹とは良く言ったものです)

先日、やはりフィリピン人と結婚した知人が「一緒に暮らし始めたら仲良くやっていける自信が無い」っていう話をしていました。(奥さん未だフィリピンにいます)私の拙い経験談をはなしたのですが、イマイチぴんと来ないようでした。
国際結婚には、同じ国の相手との結婚よりも、勘違いや常識の違いなどからの諍いが多いのは当たり前で、逆に違うんだということを楽しむようにするのが仲良くやっていくコツなんじゃないかと思うのです。

国際結婚ダイアリー

息子の誕生パーティーで思う

息子の三歳の誕生日に奥さんの友達のフィリピンレストランで誕生パーティーをやったのですが、その時の様子をチョット紹介します。

当日、開始時間もハッキリ決まっていない(というより知らされていない?)うちに奥さん「パパァもうみんな待ってる、行くヨ」って言うではありませんか。まぁいつもの事なのですが、慌てて支度をして出掛けます。
お店に着くと、今日の主人公の我が息子を、既に集まっていたフィリピン人の友達が盛大に迎えてくれます。この盛り上がりはチョット日本人には無いですねぇ。早速ビールやジュースで乾杯(マブハイ)!その後持ち込みのバースデイケーキのキャンドルを息子が吹き消してパーティーのスタートです。奥さんの友達も殆どニッパイ(日本人の配偶者)ですから、皆さん子供連れで来ています。子供同士は仲良くなるのも早くて、スグに一緒になって遊んでいます。
大人の友達はといえば、よく知ってる顔、何度か見かけたことのある顔、初めて見る顔と、さすがフィリピンスタイルらしく色んな人が来てくれてます。中でもビールを飲んで大きな声(フィリピン人は声の大きい娘が多い)で盛り上がっている女性が目立っていたので、奥さんに「彼女一緒に働いてた友達?」って聞くと「アコも初めて会ったヨ」だって・・それから、入れ違いに何人かの友達が現れてはプレゼントをくれたり、盛り上がって、そろそろお開きというところで、皆さん手に手にビニール袋や食品用のプラスティックを持って、残った料理の周りを取り囲みだしました。そうですみんなでお持ち帰りするのです。ワイワイ言いながら、各々ほしい食べ物を持って帰ります。勿論我が家の分もしっかり確保しました。
フィリピン人の奥さんと結婚する前から私は外出先で食べた残りは持ち帰れるときには持ち帰るようにしていたのですが、日本人一般に外食時の食べ残しを持ち帰るという習慣はあまりないように思えるのです。
先般の船場吉兆の事件などは(勿論食品衛生管理上持ち帰れないものもありますが)高級料亭ということもあって、恐らく食べ残しの持ち帰りなど言い出す客もいなかったのではないでしょうか?(まぁ使いまわしする事自体信じられないですが)
データによれば、日本の食料品輸入の量は世界有数であるにも係わらず、食料の廃棄量も膨大な量だそうです。それって豊かって事じゃないと思うんですがねぇ。
食べ物は粗末にしないって教えられて育った人が多いと思うけれど、正しい意味を理解している人、実行してる人って意外と少ないって思わされました。

国際結婚ダイアリー

奥様は魔女

ウチの奥さんパチンコに行く時は必ずその日見た夢の話をしてから出かけます。
今日は朝起きるなり、「いい夢見たヨ」ってヤル気満々です。
夕方から出かけていって(勿論3歳の息子の面倒は私が見ます)閉店時間まで迎えに来てコールがありません。こんな時はたくさん出てるかたくさんハマってるかのどちらかです。11時近くになってようやく電話が鳴り迎えに行くと、ニコニコしながら「12BOX出たヨ」って言うではありませんか。
そういえば、二週間前にも「蛇の夢見たからパチンコ行ってみる」って言って14箱出してました。その前は「ウ●コの夢見たから行って見る」って勝った事が・・・実は、私の中には密かにウチの奥さんは魔女なんじゃないかって思っているフシがあるんです。パチンコの事もそうなんですが、フィリピンのヘンな迷信いっぱい知ってるし、彼女の生い立ちのストーリーを聞くと、今こうして日本で生きていること自体がミラクルなことなんです。
女性の方が一般的に生命力が強いという事を身をもって証明してくれているような人です・・ウチの魔女は

国際結婚ダイアリー

大腸内視鏡検査

「おなかイタイヨ」と言って仕事を早退してから、二週間。ウチの奥さん大腸の内視鏡検査をすることになりました。最初は虫垂炎かなぁなんて言っていたのですが、かかりつけの先生もチョット確証がないらしく紹介状をかいてもらって総合病院へ行ったのでした。その総合病院で色々な検査をした結果、腹痛や血便が出た原因をハッキリさせるには最終的に大腸の内視鏡検査(大腸スコープというやつ)をするのが一番良いという事になったのです。
内視鏡検査をするには、二日前から下剤を飲み始めて、当日は朝から2時間かけて、排便促進剤を2リットルの水にとかして飲むのですが、これが結構大変そうでした。
注意書きに吐き気・顔が青ざめる・けいれん等の症状が出た時は摂取を止め、病院に連絡してくださいって書いてあったのですが、奥さん少し飲んだところで「気持ち悪い」って言い出したんです。
「どの位気持ち悪いの?我慢できない?」って聞いても「気持ち悪い」って言うだけ、いよいよ病院に電話しようと思っていたら、トイレのドアがバタンと閉まり、そのうち「ウンコでた」だって・・
お互い初めてのことなんでバタバタしながら何とか2リットルを飲み干して、便を出し切っていよいよ検査に向かったのでした。
検査の時間は40分位だったでしょうか、結果はポリープその他病気の原因と思われるものは一切無く心配ないという事でした。
奥さんに感想を尋ねると、内視鏡検査自体は痛くなかったそうですが、やはり2リットル飲むのがつらかったそうです。
検査の結果が良好だったので一安心ですが、健康第一だとつくづく思った今回の事件でした。

国際結婚ダイアリー

奥さんの懐メロ

 
ある日家に帰ると、大音量で、谷村新司の「昴」がかかっています。
おもわず懐かしくて鼻歌を歌ってしまいました。
奥さんに「どうしたの?この歌」って聞くと、「ママの大好きな歌ダヨ」って言うではありませんか・・昴が終わると、冬桜やサライが始まります。どうやらテープ一本アリスの頃からの谷村新司の歌が入っているようなんです。
話を聞くと、お店に出ていたころ、お客さんがよく歌っていて、良い歌だと思ってテープに録音してもらったのだそうです。
私も思い出してみれば、20歳から25歳頃までは自分の感性に合う歌をテープにダビングして車の中で何度も何度も聞いたもんです。
今でもその歌を聞くと自分の思い出がホント見事に蘇って来るんですよねぇ。
その多感な年齢の頃ウチの奥さんは既に日本で働いていたワケで、お店で聞いた日本の歌が懐メロになってたりするんですねぇ。演歌とかも私より良く知ってますよ(笑)面白いものです。

国際結婚ダイアリー

ラビットフィンガー?


フィリピン人って歌とか踊りが好きだなぁっていつも思うのですが、
ウチの奥さんもご他聞に漏れずノリが良いです。今日もお腹痛いって言って仕事を早退したのに、さっきテレビで韓国のおねえちゃんがラビットフィンガーエクササイズやってるのを見るなり、一緒にワン・ツー・ラビィッツ!ってやってました。
ところで、少し前ですが、こんなニュースが出ていました。

フィリピンの首都マニラ(Manira)東部サンマテオ(San Mateo)地区のカラオケバーで29日、歌唱中の男性が「歌が下手だ」と苦情を言った男に銃で撃たれて死亡した。地元警察が31日、発表した。
フィリピンのカラオケバーでは殺人や暴力事件が珍しくないという。
 マニラのカラオケバーでは、フランク・シナトラ(Frank
Sinatra )のヒット曲「マイ・ウェイ(My Way)」は、音程が外れていることが原因で争いや殺人が起こったため、選曲リストから除外されているという。(c)AFP

「マイ・ウェイ」ってエンディングの一旦溜めてマ〜イウェ〜イってトコはずれちゃうんですよねぇ。それにしても、いいじゃん歌下手でも。

国際結婚ダイアリー

フィリピン女優が親戚ぃ??

今日フィリピンチャンネルを見ていると、奥さんが何気に「シャァ(彼女)はアコ(私)の親戚ダヨ」ってTVの画面見ながら言うではありませんか・・??「なにぃ」って言ったきり画面に映っているフィリピンの美しい女優を見て「彼女?ママの親戚?どの位?」って訳のわからない質問をする私に「セカンドカズン」って言ってます。日本でいうところのハトコってやつなのでしょうか、詳しく話しを聞いてみると、女優の名前はベット・タマヨ(だと思う)という名前で、父親がアメリカ人で、どうもウチの奥さんとは母親方の親戚関係らしいという事が判りました。
彼女は、Planingという映画に出演していて、WALANG TULUGANという番組に映画の宣伝のために出演していて、ヘルマン・モレノという70過ぎのかつらっぽい髪型のMCのオジサンとリラックスした様子(フィリピン人のTV出演者って肩のチカラが抜けてます)で会話を交わしてました。
ん・・という事は私の親戚になるわけだぁ、と妙にミーハーな気持ちになった今日のびっくりでした。
そういえば、ウチの奥さんフィリピンに居る時マネージャーがいたって言ってたなぁ・・それって芸能人ってコト??

国際結婚ダイアリー

フィリピンイングリッシュ

 
「シーサー取ってよ」・・「はぁ?あぁシザースのことね」こんな会話が我が家では結構あります。
名詞一つでも私のジャパニーズイングリッシュと奥さんのフィリピンイングリッシュとでは、微妙に違うので勘を働かせて理解できる単語は大体OKなのですが、全くわからないときはお互いゼスチャーを交えたり、最後には辞書で調べて教えたりという風にして、理解し合っているんです。
実は、以前ルーマニア人とウクライナ人の娘と付き合ったことがあるのですが・・
会話は英語が基本(両者ともカタコトに近かったのですが・・)で、上手く?コミュニケーションがとれていたと思うので、私の英語力もそこそこかと思っていたのですが、まぁ英語といってもそもそも日本人の私が、学生の頃受験勉強でつめこんだ単語力と、海外旅行の前に必死で覚えた英語教材の文章力程度で、英語が第二言語のような国の人にどれだけ正しい英語として伝わるのだろうか?という疑問があったのですが、まぁ最初は伝わらない伝わらない、余程日本語で喋る方が理解しあえるんです。
奥さん初めて会った時には既に来日7年目だったので、殆どの会話は日本語に不自由してませんでした。逆に英語で会話しなかったので、かなり忘れた(伝わらなかった原因はこれかも・・笑)と言っていました。という事で、二人の間の会話は日本語の文がベースになって所々英単語が入るという
和英ミックス会話になったのでした。
それにしても、トラクターって子供に教えてたら「それはトラクトール」と訂正されるわ、バイオリンはヴィオリンだわ日本人は英語の発音がへたくそなんだと思い知らされます。
だけど、三歳児の父親としては、子供が覚えるのはどちらが良いのかチョット迷っているんです。

国際結婚ダイアリー

日曜日は教会

「パパァ〜ママメアリィ(マリア様のこと)持って行くヨ」って朝からウチは大騒ぎです。
ミサ(奥さんによればマスって言ってます)が毎週日曜日にあるので、日曜日の朝は普段よりも忙しいのです。
なんのことかわからないと思いますが、石膏でできたマリア像がここ一ヶ月の間ウチにはあったのです。
このマリア像は信者の人の家に持ち回りでお泊りしてるみたいなのですが、俗物の私には、家に来てもらっている間は何かご利益があるのかと思えて仕方が無く、「パチンコ勝てるんじゃぁ」とついつい連日足が向いてしまいました。(結果は説明するまでもありませんが)
その一ヶ月間ホームステイしていたマリア像が今日お帰りになるというのです。
ご存知のようにフィリピン人のほとんどがカトリックですが、ウチの奥さんも多数派のカトリックです。
奥さんに「どうしてママメアリィがバハイに泊まるの?」って聞いたら、「ママメァリィに毎日マジメしてるのをチェックしてもらうの」
だそうです。
くれぐれもご利益は望まないようにってことらしいです。
ウチの奥さんミサに一緒に連れて行きました。

国際結婚ダイアリー

聖なる一週間

フィリピンでは毎年3月の今頃Holy Week(聖なる一週間とでも言うのでしょうか)なんだそうです。
クリスチャンの中でもカトリックのウチの奥さんの説明によれば、一週間の間動物の肉を食べないのだそうです。フィリピンではその間仕事も休みだそうで、フィリピンチャンネルを見ていても、道路のものすごい渋滞が映し出されていて、何となく日本のお盆休みのようですね。
フィリピンでは今が夏の季節で、向かう先もリゾート地だったりするみたいですよ。ボラカイ島やパラワンなどの観光地のリポートもやっていました。
という事で、「今度いつフィリピン帰る?」なんて話ながら我が家のごはんは先週から奥さんと私と息子とでそれぞれ別メニューです。
ちなみに、我が家の料理担当は私と決まっているので、(特別得意なわけではないのですが)頭の痛い問題です。
ちなみに、昨日作ったカレーはシーフードになったのでした。

国際結婚ダイアリー

花粉症の季節になりました

”ハックショイ!!”ウチの奥さんのくしゃみです(笑)
豪快にやっているのですが、あまりに連続すると「大丈夫か?」って心配になります。
そうなんです、この時期奥さんは
花粉症なんです。どうやら5〜6年前から始まったらしいのですが、日本に来て10年足らずで体内に溜まった花粉の料が許容範囲をオーバーしてしまったのでしょう。
毎年春先になると鼻水とくしゃみがかわいそうなくらいとまらなくなるんです。
うちの家族三人で花粉症はフィリピン人の奥さんだけ、まぁどこの国の人でも花粉症になる人はなるんだなぁなんて思います。
去年から、知人に紹介してもらった病院に行って治療を受けているので、症状は大分良いみたいなのですが、その他にもいろいろな方法で予防したり、
体質改善のため
花粉症に効果的だといわれるものを採ったりしています。
そういえば、私の実兄が一年間毎日ヨーグルトを食べるようにしていたら、今年は症状が殆ど出ないといってました。
奥さんにも勧めてみます。たべるかなぁ?

国際結婚ダイアリー

風邪ひいたぁ

仕事場から「アコ風邪ひいたからさぁ」って、奥さん明らかな鼻声で電話をかけてきました。
昨日の温泉の後、特に寒かったわけじゃないし、疲れが出たのでしょうか?
ウチの場合、風邪をひくのはほぼ奥さんって決まっています。やっぱり南国育ちにとって、日本の特に強風吹きすさぶ群馬県北部地方の冬は厳しい環境のようです。(夏はフィリピンより暑いと申しております??)
それにしても、私がいつも口をすっぱくして「ビタミン剤飲みなさい」って言っているのですが、「大きすぎる」とか「マズイ」とか言って頑として飲まないんです。
食生活がそれほどバランス取れていると言えない我が家では、やはりビタミン剤採ったりしないと体調を整えるのは難しいところがあると思うのです。
それにしても、フィリピン(日本以外と言うべきでしょうか)の女性
は自己主張が強いですよねぇ。
まぁ基本的に会話のやりとりからして日本とは違うようなのです。
日本語のやりとりって、相手の話を一旦肯定してから、自分の話をはじめるっていうやり方(最近そうでもない様ですが)が普通ですが、あちらは結構一方的に自分の話をしているケースが多いようなのです。
勿論会話にはなっているのですが、いちいち相手の話を「ふぅ〜んなるほど」なんてやっていないようです。

まあ、さすがに普段はなかなか私の言う事を聞かないウチの奥さんも今日は素直に聞いてクスリとビタミン剤を飲んで寝ています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。