旅行予約
グーグルアース世界旅行

フィリピンの習慣

本場のバナナ事情

期限も目標体重も設けないダイエットを始めて2週間、朝バナナというわけじゃないけど、わが家のキッチンには常にバナナがあります。
まぁ前から奥さんのリクエストで果物は欠かしたことがないんですが、最近わが家はバナナ率がアップしています。そんな今日の朝のこといつものようにバナナをほおばっていると、それを見た奥さん「そういうバナナフィリピンじゃ食べないヨ」って突然言います??「どうして」って聞くと「そんなに大きいバナナおいしくない」んだそうです。日本で一般的にバナナの大きさって15〜20センチ位ですよねぇ、この大きさのバナナはフィリピンではおいしくないんだそうです。
「もっと小さいのがおいしいの?」って聞くと「うん、この前スーパーマーケットに売ってた」って言うのです。どうやら日本ではモンキーバナナとかベビーバナナとかいう名前で呼ばれている10センチ程のちいさいのがそれらしいんです。
前に一度だけ食べたことがあるんですが、ちょっと”いも”っぽい感じがして、私は一般的な方が好きですネェ。
もっともウチの奥さん子供の頃は果物が主食といってもよい程の食生活だった様で、果物に関しては私など足元にも及ばない知識と経験とプライド(笑)を持っているので、反論もせずウンウンとうなずいていたのでした。
因みにフィリピンでは、男性の前腕くらいの大きなバナナもあり、これもおいしいんだそうです。今度行ったらチャレンジしてみます。

フィリピンの習慣

これもフィリピン料理?

昨日からウチの奥さん風邪をひいていて鼻をグスングスンやってます。
声もかすれて「のどイタイヨ〜」って場末のバーのママみたいな声で言ってます。可哀想なんだけど、彼女今妊娠中なので風邪薬が飲めないんです。ビタミン剤を飲むように勧めても「気持ち悪くなる」って言って飲みません。そうこうしている内にお腹が空いたらしく「おかゆ作る」って作り始めました。しばらくしてできたおかゆを見ると、なんとチョコレート色!何いれたの?って聞くとココアだそうです。チャンプラールという名前まである列記としたフィリピン料理なんだそうです。
おかゆにココアのパウダーと少量の塩と砂糖をいれて作るのだそうですが、私はチョット食べる気がしませんでしたねぇ。。

フィリピンの習慣

さばのみそ焼き

国際結婚家庭では、たまにあるビックリだと思うのですが、我が家のキッチンには時々見たこともない料理が現れます。
今日は朝ごはんの準備をしようと思うと何やらレンジの上に鍋がかかっていたので開けてみると、魚の煮物が入っているではありませんか。。
それも、魚の上にはローズマリーの葉っぱにビネガーの香り、早速奥さんに「これなぁに」って聞くと「パクシウ・ナ・イスダ」っていうフィリピン料理だそうです。魚とスライスしたたまねぎとニンニク、しょうがをローズマリーの葉とビネガーで煮込み、塩こしょうで味を調えるという何ともエスニックな料理なのだそうです。
ところで、この料理の魚を奥さんはどこから調達してきたんだろうと不思議に思い(ウチの奥さん免許がありません)、たずねたら「味噌は洗ったヨ」って言うではありませんか。そうですそのまま焼いて食べようと冷蔵庫に入れておいた”さばの味噌漬け”を流用したらしいのです。。。思わず噴出して笑ってしまいました。

フィリピンの習慣

我が家の最近の食事

最近我が家の食卓にはサンマが良くのぼります。ウチの奥さん妊娠してから食べ物の好みが変わったらしく「何食べたい?」って聞くと「サンマ」って決まって答えるのです。さすがに毎日は食べませんが、一週間に二回はサンマです。因みに我が家の食事担当は私なのですが、少ない料理のレパートリーからメニューをやり繰りしているので、自ずと奥さんにたずねた返事通りのメニューになることが多いのです。
まぁ、サンマはおいしいし、栄養バランス的にも悪くないおかずなので、気に入って食べてます。
それにしても、妊娠を機に食べ物の好みが変わるというのは、最初の息子のときにも多少あったのですが、今回は大きく変わっているので、チョット戸惑っています。奥さんの好きなものだと思って買ってくると「コレ食べないヨ」なんてのが結構あったりして、大変です。
日本に来て14年目の奥さんですが、日本食で食べられない物もまだ沢山あるんですよねぇ。日本食でというワケではないですが、豚肉も食べないし・・息子共々偏食母子なので、食育しなくちゃと奮闘中です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。